ストレートネックは早期発見早期治療

ストレートネックは早期発見早期治療

ストレートネックは早期発見早期治療

ストレートネックは、首の痛みや肩こりなどが発生するだけであれば、そこまで騒がれることは無かったと思います。しかし、こういった症状だけではなく、頭痛やめまい、吐き気や手のしびれなど、多くの神経に関係するトラブルや頚椎椎間板ヘルニアなどの合併症を引き起こすこともあります。

 

ストレートネック自体はすぐに治るものではありませんが、生活習慣によって生じるものですから、できるだけ早期発見早期治療ができるにこしたことはありません。悪化してしまえば、それだけ回復も遅れてしまうことを念頭において考えましょう。

 

ストレートネックは、だんだんと症状が出て行きます。しかし初期の段階ではあまりに軽微な症状のため自覚がないことも多いです。それに加えて、その症状は肩こりや首のこりといった日常的なトラブルですから、見過ごされやすいのです。

 

しかしながら、日常的なトラブルだとしても、頻繁に生じたり、そこから出てくる体調不良などが多くなるようなら考える必要があります。そのような状態が続いている場合は、一度整形外科で診てもらうのが良いでしょう。

 

ストレートネック以外の病気からも上記のような症状は起こりますが、慢性的に起こるという場合にはやはり生活習慣や体の状態を疑ったほうが良いでしょう。

 

病院にかかる際は、自分でこれは関係ないと決め付けずに、身に覚えのある自覚症状は全て話すことが大切です。そういった情報提供を通して、どの部分によりトラブルがあるのかを見極めることができる場合もあるからです。

copyright 2017 ストレートネック改善は枕の見直しから!おすすめは高め?低め? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。