ストレートネックに効果的なストレッチ

ストレートネックに効果的なストレッチ

ストレートネックに効果的なストレッチ

ストレートネックによる症状には首の痛みや肩こり、またそこから来る偏頭痛や集中力の低下など様々なものがあります。こういったストレートネックを改善するためにはストレッチが有効な場合も多いです。

 

そもそもストレートネックとは病名ではなく、レントゲン写真での所見です。レントゲンで写真を撮った際に、首の頸椎が本来持っている湾曲を失っている状態でまっすぐになっている状態を言います。不自然な状態ということができ、それによって筋肉にはバランスの悪い負荷がかかり、一部で非常に強い凝りなどが発生するようになります。そのために首の痛みや肩こり、手などのしびれが起こるということです。

 

ストレートネックになってしまうのは、遺伝的な要因ということではなく普段の姿勢に問題があると言われています。そのため、昔と比較して今の方がストレートネックになる人が多いのだそうです。

 

効果的なストレッチは、普段の姿勢を正常化するために効果的なストレッチです。具体的には、VOT作業などで前がかりになりがちな腕や肩のストレッチ、また首のストレッチになります。

 

胸を開くようにすると、肩甲骨が狭まりますが、普段は腕を前に出している人が多いと思いますから、猫背の改善に有効です。また、腕が前に出て行くと、バランスを取るために背中が後ろに丸まり、自然と首の位置も前に傾いてしまいます。この全体のバランスをいつも気にして治すようにしましょう。毎日の生活習慣で生じるストレートネックは、逆に毎日のこまめなストレッチによって改善されますのでぜひ試してみてください。

copyright 2017 ストレートネック改善は枕の見直しから!おすすめは高め?低め? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。